リャンシャン戻し

麻雀・どうなる?

8巡目のタンヤオ変化含みのリャンシャンテン戻しはありか?

こんにちは、ペディアです。

しばらく黒ウィズばっかりやっていたので久しぶりに天鳳打ちました。

今回の題材は友人とのセット打です。

配牌で5ブロックリャンシャンテンでドラはないですが悪くはない配牌です。

適当に字牌と端牌を整理しましょう。

牌姿はそこそこ変わっていますがまだイーシャンテンのところに3Pをツモってきました。

普通であればツモ切りでよいですが7Mが2枚切れで、和了るには7Mが必須な形ですので、愚形愚形のイーシャンテンをほぐしてリャンシャンテン戻しを選択。

フリテンの可能性もありますが筒子で3面待ちや両面ターツができる展望もあります。

6Mと7Sはポンして打9S。最後に筒子でチーテン取って1000点で流すこともこの段階で考えています

89Mのペンチャンに固執した形よりもかなり柔軟になったと思います。

うまいことドラをツモり、完全イーシャンテンに取れたところに8Pをツモりました。

ポンテンができなくなりますが7Pツモに対応可能な打6M。

これはドラメンツを固定する意味もあります。ポンテン取った場合ドラが出ていき、危険&打点が1000点になりうま味がない。

親のリーチに対してケアした7Pをツモり、満貫手になったので打4Pでリーチ。

親の宣言牌がドラの5Mであることを考えるとその前の手出しである6Pのまたぎの4-7Pはかなりこわいです。

ですが満貫両面待ちは死ぬまで押せます(笑)ここで押さないと麻雀になりません。

この後の展開は・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、リーチ後即親がツモりました。4000オール。1000点多めに払っただけの結果でした・・・

どれだけ繊細に工夫しても麻雀は理不尽なものであるという現実には勝てません。

 それでも一打一打大事に打っていこうと思います。

 

それでは!!

麻雀ランキング

-麻雀・どうなる?

© 2020 ペディアの知的遊戯 Powered by STINGER