麻雀・どうなる?

麻雀 1メンツ外し染め手への決断

こんにちは、ペディアです。

今回は麻雀どうなる?です。

 

題材は特東段位戦です。

オーラス前で3家と1000点差の4家です。

1000点でも和了れればオーラスで自分の放銃や対面の和了がなければ3家で終われますが綱渡り感があるのでできれば点数をしっかり取りたい局面です。

配牌は役牌対子のリャンシャンテンです。鳴いて一直線にいくと1000点のみになってしまいそうです。

しかし撥を見逃すとかなり将来の聴牌形が窮屈な形になりそうです。

なので序盤でソーズや撥が鳴けれ染め手にいくことを決めていました。

2巡目で9Sが鳴けたので筒子のメンツを落としていきます。

サンシャンテン戻しとなりますが以降鳴ける牌は全て鳴いていきます。

7S、撥と鳴けて、最後に赤5Sをツモり跳ね満の聴牌となりました。

4巡後5Sをツモり3000-6000の和了となりました。

このように打点の大幅な上昇が見込める場合は染め手への決め打ちも選択肢の一つになります。

もちろん今回は非常にうまくいった例で、配牌時にチートイとメンツ手の両天秤で進めるのも一手です。

鬼打ち天鳳位の麻雀メカニズム でも決め打ちの判断基準が書いてありますので気になった方はぜひ手に取ってみてください。

 

それでは!!

ぜひポチっと応援お願いいたします。

麻雀ランキング

-麻雀・どうなる?

© 2020 ペディアの知的遊戯 Powered by STINGER