精霊考察

黒猫のウィズ 2020大進化解放祭5

こんにちは、ペディアです。

大進化解放祭5日目も特にテーマらしいものはない感じでしょうか?

それでは早速考察ってみましょう。

 

 

リティカ、ヴェレフキナ、イルーシャ&ファルク

厳密には全く同型ではないのですがSS利用メインかと思いますのでまとめて・・・。

進化前はスキチャパネルまたはスキチャ+ガードパネル変換でしたが、LtoLで待ち望んでいたパネル色変換もつきました。

特にSS2では3色パネルが生成できるようになったのも大きいです。

ただスキチャは+1しかないのでSF型斬撃大魔術などと組み合わせるのが特に良さそうです。

リコラ型と異なり自分でパネル変換できることと、ガードもできることでうまく差別化できています。デッキやクエストによっては共存も視野に入れてよいでしょう。(リコラ型を1ターン早く起動できるメリットがあります)

ExASは三者三様ですが特にイルーシャ&ファルクが今大活躍中のチェインカウンター型ですので頭ひとつ抜けている印象です。

またAS封印無効が新たに追加されたのは地味ながらGOOD!意外とAS封印無効のAS回復持ちって多くない気がしますがどうでしょう??

 

エニグマチェリー、クレティア

こちらも完全同型ではないですが同様にSSに着目してまとめて考察。

魔道杯総合報酬とはいえガチャ産とほぼ同じ性能というのはすごいですね。

上限値の回復量25万を速やかに達成するには反転強化・聖でHPを倍化するのが一番手っ取り早いのは変わりません。火力も倍になるので一石二鳥ですね。ぜひセットでGETしましょう。

またエニグマチェリーはExASが新たに取得し、魔道杯報酬らしくリーダー条件ですが内容的は32%回復、ダメージ強化100、ガード20%と非常に高性能です。デッキ次第では回復役は一体でまかなえるかもしれません。

 

雷闇アルドベリク

相互進化アルドべリクの雷闇の方は攻撃特化型です。

SSがSF型のダメージ強化とチェイン+10です。ダメージ強化時代は重ね掛けする意味はないですがチェインがガンガン貯まります。

またASが20チェインアタッカーなので完結した強さがあります。種族特効は・・・刺さったらラッキー程度で(笑)

ExASはチェインカウンター型がいなければ使用することはあるかもしれません。10チェイン条件の速やかな達成をサポートします。

 

雷光アルデベリク

こちらのアルさんはサポートよりです。

単体遅延と全体スキチャができますが最近遅延って私は使ってないのですが皆様はどうでしょう?ボス戦でお荷物になるイメージがあり積極的に採用していないです。

こちらのアルさんはどちらかというとExASの方が輝いていますね。

複色パネル1問正解でL化して、3ターンの間複色パネル正解時は種族特効を無視しても2600の全体攻撃で強力です。貫通こそありませんが十分な火力です。

雷光で複色パネルを踏み続けるならベストパートナーは雷光のパネリザリフィルです。非常に強力なタッグになるでしょう。(個人的にもドリームタッグ)

 

余談ですが雷闇アルさんは一人で完結した兵としての強さ、雷光アルさんは誰かと手を組む将としての強さをイメージしているのかなーと想像します。

 

 

LtoL進化により少し時代遅れになりつつあった精霊もまた脚光を浴びるようになるので、この仕組みは非常に好ましいと思っています。次回も楽しみですね!!

それでは!!

ポチッと応援お願いいたします。


魔法使いと黒猫のウィズランキング

-精霊考察

© 2020 ペディアの知的遊戯 Powered by STINGER