精霊考察

黒猫のウィズ フェアリーコード3 精霊考察1

こんにちは、ペディアです。

いよいよフェアリーコード3が始まりましたね。

まだイベントは触れていないのでKnighSiderがどういう意味なのかすらわかっていません!!

当初から人気沸騰イベントの続編ですので嫌でも期待が高まりますね!!

 

まずさくっと60連ほど回しましたがリレイとタツマが1体ずつでした。

60連2枚は9%の確率なのでわりかし不運です(笑)

 

それでは早速考察していきましょう。

 

ルミスフィレス

定番の雷火属性です。もはやルミちゃんとシュティーレだけでデッキ組むことも可能です(笑)

SSは新スキルのダメージ強化・連で撃破強化の連撃版のような性能です。

しかし性能には圧倒的な差があり

  • 効果値が全体で最大1800もある
  • 1戦目の敵HPが高くても発動後確実に効果値が上がっていく
  • イベントボス戦で呪いでリセットされてもそこからまた徐々に攻撃力を上げていける
  • 道中雑魚の数に関わらず一定の攻撃力アップが可能
  • 雑魚のHPが低すぎる場合ボス戦までに攻撃力を十分に上げられない

といった違いが挙げられます。ほぼ上位互換な性能です。

 

WASカラーなので連撃数を貯めることにも苦労はありません。

WAS付与ルミスがもちろん最高ですがエチカとの使用でも十分な性能となります。(エチカとシュティーレは始まりの塔で簡単にGETできます)

 

また数少ない1問L化精霊でもあります。

なので煌眼をつけておけばSS発動ごとにリセットされるのでダメージ強化としてはほぼ使えなくなりますが擬似的にAS25%回復のような使い方もできます。

ただWASで前述のシュティーレを使えば回復量で困ることはほぼないでしょう。

使うとすれば回復タイミングが敵攻撃後なのでHP全快条件を素早く満たしたいなどでしょうか?テクニカルすぎる使い方ですが・・・

一応敵の死亡時行動、残滅、毒の処理後にレジェンド化→煌眼の処理が行われるので(スキチャパネルを踏むとこの限りではない)、死亡時行動で与えられたダメージを回復させるというギミックには使えます。(レジェンド化タイミングを合わせれば良いので別にルミスである必要はないです)

 

トーナメントでは早く回るためにはあまり解答数を増やしたくないので攻撃力増加値と周回速度はトレードオフになります。

中途半端な連撃数であればチェイン犠牲強化ヴィタの方が使い勝手は良さそうです。

むしろトーナメントではExASの方が適性がありそうです。

ダメブロまたはガードの敵に対しては効果値3200以上のAS攻撃なのでよほどの高HPでないかぎりは問題なく処理できます。また連撃なのでHPが低い敵ばかりなら複数体倒せるでしょう。

 

スキルセットが自己完結しており、さらに非常に相性のよい精霊が配布で2体もいるので入手できれば初心者でも強力なデッキを作れます。

もちろん雷火WASデッキの火力を一気に強化するので既にデッキが固まっている方もGETしてくださいね!!

 

リレイ

某一周年魔道士の立場は???な性能です。

サマコレ2020精霊考察で書いた通り、エナローゼの数少ない役割が水火AS効果値3倍デッキでそこそこ強力な攻撃SSが打てる希少な精霊というものでしたが数週間後に上位互換が現れるとは思ってもいませんでした。

ASもチェインを上げていけばアタッカーとして十分な効果値なのでデッキコンセプトにも合っていますし、ミオ&コノハとも相性がよく並べて使うと非常によいです。

また連撃数の稼ぎ方ですが相性のよい相方は統一強化エリンルミスフィレス&リレイがいるのでそこまで問題にはならないでしょう。

特にエリンはデッキパーツなので非常に都合が良いですね、そのうえ4連撃持ちです。

 

あえてエナローゼに対して劣っている点を挙げるならばリスタートへの耐性です。エナローゼはリスタートはむしろウェルカムな性能なので、リスタートのあるなしで使い分けるのはありかもしれません。

 

蓄連の強さはもはや語るまでもないので割愛しますが、全てのプレイヤーが活用できるレベルの性能、汎用性です。

ぜひ入手しましょう!!

 

ディギィ

初の単色パネル属性カウント精霊です。おそらく今後他属性も順に出てきます。

ガチャ産の複属性のパネル属性カウント精霊よりも攻撃力は3000以上高いので、効果値の合計値の差で劣っていることはまったく気になりません。

 

ASもパネルへの依存が高く、エクストラ以外では複色パネル供給がデッキ構築の最重要ポイントになります。

3色パネルにこだわるならパネルリザーブミカエラや、パネル変換ケラヴノス

2色パネルですがASが強力なパネルリザーブリヴェータ

などが挙げられます。

もしくは難易度アップ潜在増し増しにして複色だらけにするのもありです。この場合構築の幅がより広がります。

また特殊パネル変換アリオテスとのシナジーは最高で3色パネルがあれば毎ターンSSを打つことができます。

ちなみに初速が出るが構築幅が狭まる急襲テオドリクとは正反対の性能です。一緒に使って途中でバトンタッチするような使い方はお洒落っぽく見えます(笑)

SS性能上トーナメントでの活躍には3色かつ連結くらいの接待を受けないと難しそうですが、ExASは活躍するかもしれません。

複色パネル正解で2200の全体2回攻撃なので殲滅力が非常に高いです。そのためにも1回戦で確実に複色パネルを踏める構築が必要です。

 

主にイベント向きなスロースターターですが動き出したらダメージ効率は凄まじく毎ターン全体7500を叩き出します。

また2体運用できる余地があるのでその場合は毎ターン全体15000!!!

火単色の長期戦SSアタッカーがいない場合はこの機会に確保したいですね。特に最近単色適性のハードが増えている印象ですのでなおさらです。

 

 

いかがでしょうか?

みなさま狙いの精霊をGETできるよう祈っております。

 

それでは!!!

 

ポチっと応援是非お願いいたします。

魔法使いと黒猫のウィズランキング

-精霊考察

© 2020 ペディアの知的遊戯 Powered by STINGER