精霊考察

響命クロスディライブ4 精霊考察1

こんにちは、ペディアです!!

響命クロスディライブ4始まりましたー!!

実はストーリー未読だったのでこれを機会に1から全部予習しておきましたが、そのせいもありめっちゃ面白くて熱くて最高でした。

ぜひまだの方はストーリーもお楽しみに。

 

それでは考察に入っていきます。

 

クラックハンド(クロスディライブACT4/相互進化)

今回の目玉精霊と言えます。

クロスディライブ1のエニィも猫耳モードの相互進化がありましたが、このときは性能に変化はなしでした。

 

ExASは初ターンから全体に効果値500以上の攻撃となるので、魔道杯の初速要因として可能性があります。

しかしこの精霊の本領は当然通常でしょう。

今までは一部のクエストで設定されていただけの4連結パネルを初めてプレイヤー側が製造することが可能になります。

4連結パネルの特徴は

  • AS攻撃力増加(2.5倍or3.6倍)
  • 重ね掛け可能なスキチャ+4のように使える
  • 解答条件が4問以下のExAS精霊を即ExAS化できる
  • パスをうまく使えば5問以上も即ExAS化すら可能
  • パネル色カウントを素早く稼ぐことができる
  • ただしパネル変換は必須
  • 問題を解くのが非常に面倒、難問も解く必要がある
  • パスすると今まで解答した問題ごと全てやり直しとなる
  • パス後に供給されるパネルはランダムなのでうまく連結しない可能性がある

解答数が増える代わりにAS攻撃力アップとスキチャを1体の精霊で非常に高レベルでできる能力とも言い換えられます。

自然と問題を解く数は増えますが、1ターンあたりにできることも増えるのでトントンでしょうか。

スキチャと組み合わせれば蓄積印を2ターンごとに発動することも可能です。

当然パネル色カウント大魔術を筆頭に4ターン周期までの各SSと非常に相性がよいです。

 

ASは40チェインASなので斬撃リコラとは非常に相性が良く、相補的に運用できます。

パネルに付与された効果は重複しないのでリコラ型特殊変換しても一気に20チェインなどはできないのでご注意。

パネル変換役はほとんどの場合でシュティーレが最適と思われますが、残り3枠をどのようにアレンジするかでまったく動き方の違うデッキになるので使いごなし甲斐のある精霊だと思います。

シークレット感があり、各色で出るような精霊ではなく、唯一スキル持ちとなる可能性がありますので、ぜひ狙いたいですね。

 

ミスティハイド

AS、ExAS、SSそれぞれ最大効果値を出すためにはなんらかの工夫がデッキ構築時に必要な、忍者らしいトリッキーな性能です。

ASは複色パネル要求です。

通常運用なら火単色となるので、相方は比較的限られます。

パネリザリヴェータパネル変換キョウコ候補になります。

またエクストラでの使用や、難易度結晶増し増し作戦もありです。

とにかく複色パネルを切らさないことが継続的な火力につながります。

さらに単色精霊で破格の12連撃なので蓄連カヌエの相方としても最高ですし、単純な鉄壁処理要因にもなります。

 

SSはSS1、2どちらも火単色デッキ推奨となっています。

初ターンにどちらを使いたいかでフル覚醒か9覚醒かを選ぶ必要があります。

おそらく多くの場合はフル覚醒にして初ターンからSS2の効果値850のダメージ強化が優先されるでしょう。

ただ4ターンで効果が切れるのでぜひ勇猛なる結晶をつけて継続ターンを+2した上で使いたいですね。

 

SS1は4ターン周期で火属性以外の全体に最大特効2000、グラール結晶付ければ4000となり、なかなかの高火力です。特に初ターンから使えるというのが非常に高評価です。

ただスキル反射無視がないのでボス戦などでの使用は十分気をつける必要があります。(急襲テオドリクとは一長一短の関係と言えます)

魔道杯では覚醒度を変えた2枚運用も十分考えられると思います。

 

EXASはチェイン5以上でダメブロ、ガード貫通で使いやすい性能です。

さらに解答時のHPが20%以下で多層バリアも貫通し、さらに攻撃力アップします。

複色パネルを踏んでいれば効果値3200なので、ある程度のHPの敵なら多層バリアを無視して1体で全滅させることも可能です。

ただHP20%以下を維持し続けるのは難しい上に危険なので、起死回生EXAS持ちとの併用や、HP消費系のSSでピンポイントで20%以下にするなどの工夫が必要です。

また残念ながら火単色で1体でHP80%消費できる精霊はいませんが、EXAS運用の場合は火単色にこだわる必要はないのでジェニファーなどと運用すると良いでしょう。

魔道杯での活躍を見越して2枚確保しても良い精霊です!!ぜひ狙ってください。

 

ウィジェッタ

カード名には載っていませんがアライナボイスもついています。

アーツェ型精霊強化で過去記事の黒猫のウィズ フェアリーコード3 精霊考察2のミホロのところで詳細は書きましたのでご参照ください。

アーツェが取れていなかった方はぜひこの機会に狙ってください。絶対に損はしないです。

 

次回は残りの精霊について考察していきます。

皆様ぜひ狙いの精霊を当ててくださいね!!(現在56連爆死中の著者より愛を込めて)

爆死を少しでも慰めるために応援お願いします・・・


魔法使いと黒猫のウィズランキング

-精霊考察

© 2020 ペディアの知的遊戯 Powered by STINGER