精霊考察

黒猫のウィズ 6月LtoL進化精霊 考察2-2

こんにちは、ペディアです。

前回に引き続き6月のLtoL進化精霊について考えていきます。

 

リルム

ステータス

攻撃力が大きく向上していて、アタッカーとして頼もしい数字になっています。

さらに純属性強化を使えばさらに強化できるのでステータス面は十分あると言えます。

潜在面での大きな変化はありませんが、並び順が変わったので9解放で止めることで九死一生を外すことができるようになりました。

リルムがExASの時に鉄壁・極を使うとリルムだけ鉄壁・極とならず、AS後に敵の死亡時行動での大ダメージでちゃんと死ぬことで蓄邪を一気に貯めるなどのマニアックな使い方ができるようになりました。実際に魔道杯でこのギミックは使用されました。

AS

一閃斬撃大魔術に相応しく4、15、30チェイン条件で効果値が大きく向上するようになりました。

SSとの相性が良く自己完結したスキルセットとなっており好感触です。

SS

初回発動時間が短縮され早期のチェイン確保ができるようになりました。

また周期も短縮されたので2回目発動は以前より3ターンも短くなりました。

効果値も少し上がりましたが、発動時間短縮に比べれば些細な変更と言えます。

敵5体構成で使用すれば3ターン目に30チェインに到達し、自身のAS効果値を最大化させます。この爆発力は他のスキルではなかなかないですね。

スキルコピーやダブルスキルするとすごいことになりそうです。

ExAS

5チェイン以上で全体化と効果値1000です。

別の手段でチェインを稼ぐ必要がありますが30チェイン到達で効果値3200の全体攻撃となり永続的に強力なダメージを叩き出します。

ExASデッキにするならばチェインプラスExAS精霊と、SS精霊と混ぜて使うならリザなどのチェインプラスパネルリザーブと組み合わせるとよいでしょう。

総括

全体的に使いやすくなった印象で順当に強化されたと言えます。

持っていれば役に立つ場面は多そうですね。

トーナメントではボスに高チェイン数で怒りなどのギミックがあれば活用の機会はあるかもしれません。

狙ってまで取るものではないかもしれませんが当たったらすごく嬉しい、そんな精霊です。

 

ソフィ

ステータス

攻撃力が2000弱上がりましたがこれはExASでの運用を配慮した結果と考えられます。

潜在はL時潜在が少し改良され雷火デッキ以外でも使いやすくなりました。(特にExAS運用を考えると非常に嬉しい)

AS

L時潜在同様に雷火デッキ以外でも使用しやすいように変更されました。

SS

個人的には今回のUHGのLtoLで最もSS性能が上がった精霊です。

ダメブロは昨今はExASの方が優勢でしたがソフィはそれをも凌ぐ性能になりました。

バビーナの鍵込みで最大で6ターンの4000ダメブロ、なおかつループ可能となっています。

これにより複数ターンに渡って強力な連撃が続くような高難度クエストでの盾役をしっかりとこなしてくれます。

またExASと違い開幕先制での攻撃にも対応するのでギミック対応にも使えそうです。

アポロニオ&ヴァッカリオと同時に使えばほぼ無敵状態となるでしょう。呪い、リスタート、強制進行からの即死攻撃や即死級ダメージか防御貫通攻撃の連撃くらいでしか倒れないのではと思います。

また対象は味方全員なのでどうしてもクリアできない他色イベントに1枚挿して使うこともできます。

ExAS

3チェイン条件のExAS強化です。

チェイン数条件のため一度クリアすればチェインが減らない限り永続して効果が発動するので安定感が高いです。

余談ですが5体艦隊を組めば「毎ターン攻撃力効果値1800、回復50、全属性ガード85(自身の潜在込み)」となり要塞と化します。

総括

今後の高難度クエストのクリアが楽になる1枚。

雑に使ってもほとんどのイベントクエストで活躍できると思われます。

最近はボスのHPも増えていますので高火力でワンパンできないパターンが増えてきており、こういった長期戦向けの精霊がまた脚光を浴びるかもしれません。

取り逃すと次のチャンスは遠そうなのでぜひこの機会にお迎えしたいですね。

 

 

今回のペディア的超あたり精霊はソフィです!!

後半ストーリーですらこれ1枚でなんとかなるケースは多そうです。

ぜひ当ててください!!

それでは!!!

魔法使いと黒猫のウィズランキング

-精霊考察

© 2020 ペディアの知的遊戯 Powered by STINGER