精霊考察

黒猫のウィズ 6月LtoL進化精霊 考察2

こんにちは、ペディアです。

今回は前回の続きでSugarlessBambina1のLtoL精霊の考察2後半です。

 

マチア

ステータス

紙耐久だったHPが改善しました。しましたが・・・高難度イベントでは耐久面のサポートは必須でしょう。

潜在は大きな変化はありませんがAS封印無効くらいほしかったですね。

 

SS

特効ダメージは増えましたが素のダメージは変化なしです。

元の効果値でもトーナメントの闇属性の雑魚なら十分な火力でしたのでもう少し素の効果値を上げて欲しかったですね。

 

ExAS

比較的簡単な条件で全体に火闇の4連撃、最大効果値1080はそこそこの火力です。

このExASの真価はチェインプラス4でしょう。2ターン目終了時に5チェイン達成で5チェインExAS精霊につなぐことができます。トーナメントで使うには自傷ASと戦闘終了時回復や煌眼と組み合わせましょう。

ただ持続は1ターンなのでチェイン稼ぎ量は過信しないように。エクストラでの見破りとのコンボには不向きです。アレスちゃんを使いましょう。

 

総括

パワーアップの度合いは微妙ですがそうはいってもトナメ適正の高い精霊。

昨今の高難度イベントで使うには少し力不足の感が否めません。

火属性の0tSS特効のルルベルロザリアがいなければこの機会に取っておきたいですね。

 

パスパル

ステータス

攻撃力が1000ほどアップしました。反転強化属性なのでステータスアップの恩恵は大きいです。

潜在は大きな変化はありませんでした。

 

SS

ブースト効果値が大きく向上しました。

ヴィタのようなSS強化と異なりASやカウンター、行動感知のダメージを上げられるので差別化はできています。

反転強化されたキルラをブーストすればすごいダメージを叩き出します(水属性の敵に水光で100万ずつ程度のダメージ)

過去魔道杯でも行動感知+ブーストが活躍した実績があります。

 

ExAS

1体以外のAS効果値を600アップは確かに強いですが、3問正解は悠長です。

あまり使う場面はなさそうです。素直にイークワルでよいでしょう。

 

総括

ブースト効果値が高く使える場面はあるかもしれませんが必須な場面は少ないと思われます。

思い入れがない限りはあまり無理に追う必要はないでしょう。

 

ラガッツ

ステータス

ステータス面での特筆すべき向上はありません。らがっちゃん・・・

 

SS

発動とダメージのタイミングが異なる高火力SSという性能で独自性が高く、代えがききにくい精霊です。

トーナメントでは敵の先制呪い攻撃マイナス20000などにも前ターンに仕込んでおくことで対応可能です。ただチェインが0になるデメリットがあります。

また連鎖狂化クエストでは貯まってしまったチェインを一気に消費できます。

ですがLtoLでの性能向上はほとんどありませんでした。らがっちゃん・・・

 

ExAS

条件は非常に簡単で1回正解で8連撃のASを2連続化できます。

効果値は決して高くないのでダメージソースとしてではなく、鉄壁、多層バリア、蓄連の蓄積貯めなどに使うことになるでしょう。

一体で16連撃というExASもSS同様レアな性能です。

特に純色デッキは連撃数不足になりがちなので、今後出ると思われる雷単色蓄連との相性は抜群です。

やるやん!!らがっちゃん!!!

 

総括

必須という性能ではありませんが持っていれば代えのきかない1体になるでしょう。

上級者は余裕があれば当てておきたい精霊です。

 

 

USGも近日中に開催されるようで楽しみですね。

重厚なストーリーのシュガバンの次ですので頭空っぽで楽しめるストーリーはちょうどよさそうですね。

それでは!!

魔法使いと黒猫のウィズランキング

-精霊考察

© 2020 ペディアの知的遊戯 Powered by STINGER