精霊考察

黒猫のウィズ 6月LtoL進化精霊 考察1

こんにちは、ペディアです。

Sugarless Bambina3の興奮冷めやらぬうちにSugarless Bambina1の精霊のLtoLが発表されました。

ボスだけは一足先に進化していたので構成員が追いついた形ですね。

 

キルラ

ステータス

攻撃力が大きく上がり、HPは微減しています。この微減はプチヴェリタス潜在を新たに獲得したものによります。

より尖った、ファミリーの特攻隊長的な側面が顕著になりましたね。

 

SS性能

SSとSS2については行動感知の初回正解数が1減り、効果値が少し上がりました。

魔道杯適性を考慮すると特に初回発動が早くなったのは朗報です。スキチャ+3があれば2tSSでの使用も可能です。

イベントでは水光で最大1100ずつの効果値での行動感知なので敵の毎ターン行動が2〜3以上の場合なかなかの高火力になるので昨今の高HPイベントボスの削りにも十分使えそうです。

 

ExAS

条件の5回正解は流石に悠長なので、エクストラや3色パネルクエスト、パネリザイーニアあたりとの使用での2色以上パネル2問正解での運用が望ましいです。

全体に2300の水光3連撃はイベントや魔道杯での雑魚5体パターン、鉄壁、多層バリアが複数のパターンで活躍しそうです。

またイベントなどでの高HP盗み雑魚とのAS長期戦をワンパンで終わらせる可能性があるので、持っていれば適性イベントの高速周回に役立つと思われます。

流石に魔道杯で盗み特効が求められることはないでしょう・・・

 

総括

SSは無難に強化 ExASは性能を十分に活かすにはデッキ構築難度が高く、適性クエストも多くはないがハマる時は唯一無二、一騎当千の活躍をします。

行動感知はレアスキルなので持っていないプレイヤーは当てておきたいところ。

 

 

チェチェ

ステータス

HPは微増(元々高いので十分)、攻撃力が大きく増強された。

これは今までの精霊強化のみの運用だけではなく、ExASでの運用も見据えての配慮と思われます。

潜在は大きな変化はありませんでした。

 

SS

効果値や初回発動正解数は変化なしですが、持続ターンが2ターン増えました。

チェチェは全体1ターンチャージのため、ボス戦中の継続ターン切れは崩壊を招きかねないず、この強化は地味に嬉しいですね。

HPステアップのしにくい火雷WASデッキのダメージ軽減、回復を今後もがっちり担ってくれそうです。

 

ExAS

通常ASの回復と合わせて回復量は最低でも38、最高41!!!

今後出現するかもしれない火(光or闇)の融合ExAS強化とともに使えば盤石の体勢になりそうです。

10回のHP全快が条件なので、1問正解ExAS精霊に煌眼をつけるなどの工夫は必要そうです。

 

総括

SSもExASもともに強力!

魔道杯ではおそらく活躍は見込めませんが、イベントではデッキのサポート役として非常に活躍すると思われます。

火属性のサポート精霊が十分でないない場合はこの機会に狙うとよいでしょう。

 

次回はマチア、パスパル、ラガッツに関して書く予定です!!

それでは!!

魔法使いと黒猫のウィズランキング

-精霊考察

© 2020 ペディアの知的遊戯 Powered by STINGER